今流行りのFUNKY MONKEY BABYS

FUNKY MONKEY BABYS

今流行りのFUNKY MONKEY BABYS

感動の名曲を取り揃えていて人気急上昇中なのがFUNKY MONKEY BABYSです。
邦楽の中で新分野に進出しているといっても良いでしょう。
HIP−HOPを思わせるようなテンポ良い曲で、歌詞からは伝わってくるものがたくさんあります。
FUNKY MONKEY BABYS(通称:ファンモン)の曲を聴いて感動しない人はいないでしょう。
それくらいインパクトの強い曲が勢揃いです。

 

私自身、ファンモンを知ったのは友達が教えてくれたからです。
こんな素敵なアーティストグループを教えてもらえて友達には感謝の気持ちでいっぱいです。
どの曲も素晴らしいのですが、私が一番好きなのは「あとひとつ」という曲です。
この曲は2010年の夏の高校野球のテーマソングとしても流れていたくらいなので一度くらい聴いたことあるとおっしゃる方が多いんじゃないでしょうか。
お気に入りの「あとひとつ」を携帯電話の着信音で楽しんでいる私です。
ファンモンの曲ってあちこちで流れていますから、他にも聴いたことある!と思われる曲が結構あるのではないでしょうか。
「あとひとつ」は最近でもいろんな歌番組で歌われていたりするので知名度は高いでしょうね。

 

あと知名度が高いと言えば「告白」です。
これは8枚目シングルでタイトル通り告白にちなんだ楽曲です。
女子高生を中心に人気なのはこの曲を聴いた後に好きな人に告白すると成功するという言い伝えがあるからです。
恋愛の神様的な楽曲ですね。
「告白」のプロモーションビデオには船越英一郎さんが起用されていて目をひきます。
ファンモンの曲にインパクト性があるのは、シングルのジャケットにも有名人が使われていたりするからでしょうね。
しかも曲のイメージ通りなので感心しちゃいます。

 

ファンモンの他のヒット曲と言えば「桜」「ちっぽけな勇気」「Lovin’Life」ですね。
「ちっぽけな勇気」はファンモンのメジャーデビューの曲でもあります。
どの曲も心に伝わってくるものが大きく感動せずにはいられません。
ファンモンの曲を聴いているとなんだか勇気付けられるような気がします。

 

ファンモンの気になるメンバー構成ですが、ファンキー加藤、モン吉、DJケミカルの3人です。
3人とも東京都八王子市出身で、2010〜2011年に八王子観光大使に任命されました。
リーダーのファンキー加藤は加藤さんとみんなから呼ばれていて、ファンモンとして活動する前はソロのラッパーとして活動していました。
モン吉はみんなからモンちゃんと呼ばれています。
HIP-HOPに目覚めたのが高校時代で、その後ラッパーとして活躍しています。
2人とも1978年生まれです。
続いてDJケミカルは1982年にお寺の息子として誕生しました。
モン吉の誘いでファンモンのメンバーに加わったのですが、もともとDJとしての実績がありました。

 

ファンモンが武道館での初ライブを終えたのが2009年のことです。
最近では2011年の夏に東京ドームでのライブを企画していたものの、震災の影響を受けて自粛するに至りました。
ファンの私は今後のコンサート&ライブ情報をチェックして次回こそは参戦したいなぁと思っています。

 

私がファンモンファンになったのは友達が紹介してくれたことも理由の一つですが、やっぱり普段から耳にする機会の多いファンモンの曲ですから、紹介されていなくてもきっとファンになっていたと思います。
HIP-HOP好きならもちろんのこと、そうではない人も一度耳を澄ませてファンモンの曲を聴いてみて下さい。
きっとファンモンの虜になること間違いなしです。


ホーム RSS購読 サイトマップ