ダウンロード違法化の改正著作権

ダウンロード違法化について

ダウンロード違法化

着うたサイトに関して著作権侵害が多発した要因には、犯罪意識が希薄な事があげられます。
まず、配信する側のサイトとしては、着うた自体が著作権のある楽曲という感覚よりも、二次生産物的感覚が強い、という理由から著作権侵害が横行してしまいました。

 

つまり、CDやDVDという製作物ではなく、友達のMDをダビングするという感覚に近い、というと分かりやすいでしょうか。
これはユーザー側も同じで、携帯電話の簡単な操作だけで着うたを楽曲として取り込めるため、著作権を侵害しているという罪悪感を感じにくいのです。

 

このような風潮に歯止めをかける為に、政府が投じた一石がダウンロード違法化の改正著作権の発布です。
ダウンロード違法化の改正著作権では、これまであいまいだったインターネット上での著作権物配信についても、しっかりと規制対象として明記されています。

 

また、これまで摘発対象では無かったユーザーに関しても、著作権侵害罪が当てはまるようになりましたので、ユーザーと言えども著作権を侵害することは許されないのです。
ここまで書けばお分かりかと思いますが、現在はいかに著作権を守っているサイトを選ぶかが重要とされています。

 

仮に著作権を侵害している着うたサイトを利用していたとすると、著作権侵害容疑で突然有罪となってしまうおそれすらあるのです。
安心して音楽を楽しむ為にも、著作権をしっかりと守っているこちらの無料着うたサイトを利用して下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ